ヂャンティーの通販が激安価格っ♪

かぎ針編みのモチーフつなぎを参考に自分で考えるのもいいかもしれません母が持っていた前のバージョン(織り針の先端に角度がついているもの)は保管方法が悪く壊れてしまった為、今回こちらで母の分と2個購入しました。この説明書の最後に◆詳しくは『ヂャンティ織 織り方・綴り方のすべて』<別売>定価¥2000(本体価格)をご覧くださいとありますが!この内容は全てヴォーグ社『ヂャンティ織りりのモチーフつなぎ』で再編集されているので!ヴォーグ社のものを図書館で借りた方がいいようです。ヂヤンテイ織り特有のつづり方は、手加減が難しかったので、本を見て別のつなぎ方を試してみる予定です。

2月5日 オススメ商品♪

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

ヂャンティー【織器】ヂャンティー織器

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

コットンのほうは!柔らかくて頼りないので!布に縫い付けるか!糊をつけようと思います。また、これには説明書【ヂャンティ織の手引き(19ページ)】がついていて「平織りの糸の掛け方・織り方・つづり方」「クリス織りの糸の掛け方・織り方・つづり方」の他「細織りの糸の掛け方・織り方」「クリス・フラワー織りの糸の掛け方・つづり方」が、載っています。しかも、モチーフの大きさが、一定なので、つなげても、ずれなさそうです。セットになっている手引きは少しわかりにくいように思います。これはおもしろいです。とりあえず!夏糸のあまりで!コースターを作ってみました。ヂャンティー織・・初めて知りました!織物は、編み物と違って道具が高いイメージで手を出しにくかったけれど、こちらの織器は、お手軽に始められそうでちょっと衝動買いです。日本ヴォーグ社「ヂヤンテイ織りのモチーフつなぎ」を先に購入していたので、織り器本体を探しました。手のひらにのるコンパクトなサイズで!編み物で余った糸を簡単にコースターサイズの織り物にでき!毎日の終わりに息抜きがわりに1〜2枚織って行こうと思っています。とてもお安く購入出来たので助かりました。ただ、ピンがあまり丈夫ではないようで、すぐに曲がってしまいました。もっと作りがしっかりしたものや、デザインが現代風に可愛くなったり、ナチュラルテイストになったりするととっても流行りそうな商品だなと思いました。書いてある順番に糸をかけていけば簡単にできました。縦糸!横糸を説明通りにひっかけて最後に縫うように糸を通すだけでコースターサイズの織物が出来上がります。平面のリリアン編みのようで新鮮です。工夫すると!大物も!できそうです。モチーフつなぎの本はどこも品切れ!絶版になっているようで!入手は困難なようです。糸をかけるだけで簡単に綺麗にモチーフができました。レビューをみて選びました。[] これを初めてみたので、興味津々で、買ってみました。いい感じです。とにかく!身近のお友達にも薦めていこうと思うのでまたリピ買いしてヂャンティ織りをもっと身近に広めていきたいです!!!お友達が持っていて興味があり!購入しました。説明書がわかりにくいので、-1商品自体は、昭和の香りのする作りで、ちょっとオモチャっぽくて、頼りないプラスチック製でが、軽いので手に持ちながら使用するのには、とても扱いやすいです。説明書はちょっと分かりにくかったけど大の方で一枚30分位で出来ました。価格も他店よりずいぶんと安いし!いい買いものをしたと思います。何度がやってみて!わかる感じです。(ちなみに、この書籍は2002年出版で現在は廃版になっています)また、同梱された織り針は長くまっすぐの針なので先端に角度のついた絵織りやボード織り用の針を使用すると楽に織れます。ウール並太糸を引っ張りながら作ったら9cm四方の大きさに。説明書は簡単なものですが、一旦わかってしまえば手軽で楽しいです。値段も手ごろで!おもちゃ感覚で!楽しそうだなとおもって。説明書も詳しい説明は無いので最初は戸惑いますが!図解の通りにやっていくとコツがつかめます。編み物は挫折しやすいと思いますがこれでしたら こつこつ作ってくみあわせるのが楽しみです。テキストとかモチーフつなぎの本を一緒に購入できるともっといいです。普通の織り機で織る前の!試し織りにも使えそうだと思いました。編み地は薄くて真冬の防寒目的には物足りないかも。わかりだして、コツがつかめると楽しいと思います。でも、大物を作るにはかなり根気が必要ですね〜(;^_^A1段の最初と最後の糸を拾うのが難しいので、ピン(?)の周囲に輪ゴムはめて糸が少し浮く様にしたら、簡単に拾える様になりました(写真参照)。1枚でコースターにするなら!織り器に付属の冊子で十分作れました。画像は!グリーン系が!織り器(大)平織り(合太〜並太の段染めのペーパーヤーン)ピンク系が!織り器(小)細織り(中細の段染めのコットンヤーン)横糸を針で通していく方法で織るので!伸縮性の全くないペーパーヤーンは摩擦が強くて!力をかけたので針が曲がってしまいました。7cmくらいと!10センチくらいの織物のモチーフができます。簡単で短時間に出来るのも魅力的で!大作作っている途中の手休めに作っても面白いですね。毎日1枚ずつ織っています。気になっていた商品で、今回お安くなっていたので、購入しました。30分くらいで1枚できるので、ちょっとした時間でも作れるのがよかったです。ヂャンティ織りよりは細織りの方が目が細かくて「織物」感がして好きですが、一枚に一時間位かかりそうだったんで途中でやめました。。でも、きれいに仕上がるので、つなげると、いいかんじになりそうです。某社の花あみルームに通じるものがあるので!小冊子「花あみルームで作る花モチーフインテリア」を参考にして色々と作りたいと思います♪とにかく楽しいのでベッドカバーも夢じゃないかも♪私が子供のころに編み物を教えてくれたおばが!この織器で二色のモチーフを市松に組み合わせてマフラーにしてくれました。林ことみさんの「おしゃべりKnit」で偶然この織器がまだ市販されているのを見つけて!懐かしくてさっそく購入しました。お花っぽいのもできます。小さいお子さんがいる方なら夏休みの手芸工作としても楽しめると思います。とてもかわいい織物を折ることが出来ます。いくつも作ってつなげることも可能ですし、色の組み合わせも楽しめますね。手引きを参考に平織りをしてみたら!悩む間もなくモチーフが一枚できました。ちょこちょこっと作りたいもので(^^;)丸いクリス器は4〜5cmくらいの花モチーフが出来ました。まとまった数になったところで、つないだりして大きな作品を作ることもできそうなので何に仕立てようかと、楽しみです。余った毛糸がたくさんあるので、活用しようと思いました。が、形が崩れないので、このまま一枚でコースターに使えそうです。かぎ針編みで編もうと思っていたアクリルモヘアが思ったよりゴワゴワだったので、この織器を使ってみようと思います。工夫次第で、いろいろな物が作れそうです。おばはずいぶん前に亡くなりましたが、今度実家へ行ったときに母にこの織器を見せて、思い出話をしようと思っています。ジャンテー織なるものは、説明書だけでは、すこし、??なれるのに、多少時間がかかりそうです。普通の織り物や!編み物と違い!簡単に取り掛かりやすく何も考えずに!手作りを楽しめる良い商品だと思います。つなげてウエアよりはセーターにアップリケかな。ただし輪ゴムまで拾わない様に注意が必要です。失敗するとほどくのが大変なので!要らない糸で練習しました。糸の太さや素材!質感など色々と工夫をして楽しむ余地がありそうです。